世 迷 言 的 人 間 讃 歌  〜  か け た り 転 べ た り そ れ だ け で 素 敵 だ

■ 求む ■
HOTな癒しコメント  &  COOLな蔑みコメント
ψ(`∇´)ψ             ψ(`∇´)ψ

<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
白銀のまんまる

確かめたいことってある


でもそれは自分にとって都合の悪いことだったりもするんだよ

確かめてしまった後で人は

バラバラと壊れてしまうことがあるからね

人はそんな簡単な生き物だからね


だから確かめたいことなんかより

もっと大切なことを両手ですくいあげるんだ


それをてのひらで雪玉のようにぎゅっとして

胸の中で丸くしてぎゅっとしてぎゅっとして

白銀のまんまるにしてしまおう


握り締める度に強くなる

正しくなくたっていい

泥だらけだっていい

そのいびつさと汚さが美しいんだから


そう自分に言い聞かせるように

雪玉をぎゅっとするんだよ


息をする

笑う 走る 泣く 抱きしめる

魔法はいつだって簡単だ


人生って日々を告白すること でしょ?

迷子 / comments(6) / trackbacks(0) / せー /
流星の絆と獅子座流星群のいろいろ

JUGEMテーマ:流星の絆

終わっちゃったなあ流星の絆

来週からはパピコに吸い付きながら観れないのかとおもうと残念
素敵な金曜10時だった

そして今週のORION挿入のタイミングに不満
もう少し効果的な演出があったろうにと
ここまで良い作品は珍しいだけに尚更そうおもう
このドラマはそこが肝なんだって

このドラマは1993年11月当時が背景
主人公が獅子座流星群を観に家を抜け出した日だ

あの頃のことはよく憶えてる
俺は彼女とままごとのような同棲をしてて

流星最大接近の夜
俺は眠りこけてしまって結局観に行けなかったんだ
流星を観れなかったこと

今でもすごく後悔している

もしあの夜二人で流星に祈ることが出来ていたら
二人の結末はあんなふうにならなかったのかもなんて

いかんいかん
またすぐロマンティック水瓶とセンチメンタルABが顔を出す

15年も前の話だ
時効だからいいか

あの冬もオリオンは綺麗だった



http://www.tsukubamon.jp/
第18回 冬の星座案内より 撮影 田中千秋氏

迷子 / comments(0) / trackbacks(0) / せー /
俺は2度死ぬ

ここは仙台市立病院
俺が死ねなかった場所
15年ぶりにまた来てしまった

2度と来たくなかったけど
2ヶ月続いた暗黒生活でついにドクターストップ
そんなやむにやまれぬ事情でまた世話になることに

全てがあの日のままだった
低い天井に薄暗いホール
食堂と理髪店と花屋の匂いが入り混じった狭すぎる売店

ちょっと足が震えた
奪われたり満たされたり色んな思い出が多すぎる
もう忘れていたはずの残像が無遠慮に蘇る

今の俺は心身的にクタクタで見た目にも枯れ木のようだから
よくまわりから心配されるが
そんな問題もうどうでもいい

あの頃の病院での日々
ずっと隣りで支えてくれたあの人

雑踏
大切なあの人の姿をさがしていた
俺の世界のすべてだったあの人

わかってるんだ
そんなのはもうどこにもいない
最初からいなかったのかも知れない

ここで今日また俺は死んだ気がする

何百人の外来患者がひしめくホールの中
それでも俺はあの人の姿をさがしていた


迷子 / comments(2) / trackbacks(0) / /